ご相談はこちらから 058-337-0840

roof paint

「屋根塗装」といっても、単純に「色を塗る」だけではございません。

同じ塗料でも、ピンからキリまであり、メーカーによって特徴はさまざま。
現地調査やお客様からお聞きした内容をもとに、最適な材料・工法を選定いたします。

塗り替え時期の目安 timing of repainting

およそ10年前後が、
塗り替えの時期です。

このような症状が
出ていないですか?trouble

苔・カビ

苔・カビ

防水性能が低下した塗膜には、苔・カビが発生することがあります。これらの根が内部まで入り込むと、建材の劣化を早めてしまいますので、早めの塗替えがおすすめです。

サビの発生

サビの発生

鉄の部分にサビが発生している場合は、塗り替えの目安になります。

屋根は、家の中でも
傷みが早い部分ですcheck

日々、非常に過酷な状態にあるため、
劣化も早くなっています。

紫外線を浴びている

常に太陽に照らされ紫外線を浴びている

温度差が激しい

直射日光を受けるので、温度差が激しい(夏は触っていられないくらい温度が上昇します)

さらされている

風や雨、雪、台風などにさらされている

最近では、温度の上昇を抑える働きがある遮熱塗料を選ばれる方も増えています。
普段見えないところですが、気にかけてみてください。

施工手順 flow

仮設足場・飛散防止ネット

仮設足場・飛散防止ネットの
取り付け

事故に注意しながら、安心して工事ができるよう足場をかけます。
塗料の飛散はもちろん、高圧洗浄の水しぶきがご近隣の皆様のご迷惑にならないよう、飛散防止ネットをつけます。

高圧洗浄

高圧洗浄

埃・苔などを150kg/c㎡の水圧で洗い落としていきます。

板金部分の下地処理・下塗り

板金部分の下地処理・
下塗り

サビが発生していればサビを除去します。
サビがなければ、足付けと呼ばれる細かい傷を付ける作業をします。表面に凹凸をつけることで、塗料が剥がれにくくなるのです。
その後、下塗りとして、サビ止め塗料を塗ります。

シーラー下塗り(2~3回)

シーラー下塗り(2~3回)

劣化して脆くなった屋根にシーラーを塗り、ムラができないようにします。
下地と上塗りの接着剤の役目を果たします。

縁切り・タスペーサーの挿入

縁切り・タスペーサーの挿入

カラーベスト同士が重なっていると、雨水が排水できず、屋根や下地が痛むことがありますので、専用の材料で離します。
馬渕塗工では、標準の作業として、タスペーサーを入れさせていただいています。
見にくいですが、画像の丸の中にある黒い物がタスペーサーです。

上塗り(2回)

上塗り(2回)

いよいよ上塗りの開始です。ご契約されたお色を塗っていきます。
1回目の上塗り後に写真を撮り、2回目を塗っていることが分かるよう写真を撮ります。
2回塗ると、艶が違ってきます。

養生・飛散防止ネットの撤去

養生・飛散防止ネットの撤去

テープ・ビニールを取り外し、掃除をしていきます。
この時に、にじみ・ハミ出しなどがあれば補修していきます。

最終チェック・足場の撤去・清掃

最終チェック・
足場の撤去・清掃

足場を撤去すると細かい部分を見られなくなるので、入念にチェックいたします。
そして、事故がないよう注意して撤去作業をします。
最後に、始める前よりもキレイになるほど、念入りに掃除をします。

enkiri

屋根がカラーベストと呼ばれる材料で施工されている場合、縁切り作業が必要です。

塗料がカラーベストの小口の下に入り込み、カラーベスト同士がくっつくと、縦目地から進入した雨水が排水できなくなってしまいます。溜まった水はカラーベストだけでなく、下地まで痛めてしまいます。
屋根の塗装をしたのに「天井に、今までなかった染みができた」「雨漏りしだした」という症状が起きます。

縁切り作業は非常に重要な施工ですので、馬渕塗工では、標準施工として内訳に入れさせていただいております。

縦目地 赤い丸で記した所が縦目地です。

縁切り作業とは about

カラーベストが重なっている部分を
ヘラ・専用の材料で離します。

塗装中に
縁切り作業をした場合

  • 下塗りの工程が終わってから作業しますので、仕上がりに関係なく施工できます。
  • カラーベスト同士がくっつくことがないので簡単に施工できます。
  • 作業の時間が少なく、塗装後に縁切り作業をするよりお値段を抑えられます。

塗装後に縁切り作業をすると……

  • ヘラ・皮スキなどを使います。
  • 結構な力が必要で、「バキバキ」等の音がします。
  • 折角塗ったところに傷が付く恐れがあり、割れたり・塗膜がはがれたりします。

タスペーサーtaspacer

タスペーサーとは

タスペーサーを使うと、塗装後の縁切り作業でもカラーベストの割れ・塗膜のはがれが起きずに縁切り作業ができるようになります。
カラーベストが重なる部分にタスペーサーを入れることで、隙間ができて、雨水の排出がスムーズになります。

タスペーサー図解
まずはお気軽にご相談下さい。 WEBからのお問い合わせでご成約の方に限り
    、お見積もりから5%OFF
ご相談例

「見積もりがほしい」
「塗替えのタイミングについてアドバイスがほしい」
「ちょっとした工事も大丈夫?」
など

親切、丁寧な対応を心がけております。疑問や悩み事など、なんなりとご相談ください。

例:80万円の塗装工事の場合、5%分(4万円)をお値引きさせていただきます。

お問い合わせ contact

お見積もり後の強引な勧誘、しつこい営業は一切いたしません。
(わたし自身が職人のため、
日々塗装工事を行っているから、というのもありますが。)

どういう塗装が最適か、塗装に19年以上向き合ってきた経験から、
ご提案させていただきます。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。(無料)

TEL:058-337-0840

受付時間 8:00〜18:00 日曜定休

お見積もりは無料です

powerd by formy(フォーミー)

馬渕塗工 代表 馬渕 高広(まぶち たかひろ)

わたしが塗装工事に携わって、
2019年には20年目になります。

この20年の歳月の中でも、
大小さまざまな変化がありました。
塗料の種類・今だからこそ塗れるようになったもの・
職人に求められる能力……
新しい常識に遅れを取らないよう、
今日も勉強し、知見を深めつづけています。

時代とともに変化する部分も多々ありますが、
職人として、
「塗装工事を頼んで本当に良かった」とお客様に言っていただけるよう、
考えて行動する姿勢だけは変えず、今後も最善を尽くしてまいります。

保有資格

一級建築塗装技能士、
有機溶剤取扱主任者講習、
足場の組み立て等作業主任者、
エコボロン認定施工士
一級樹脂接着剤注入施工技能士